ポットランド公式サイト/POTLAND official Web Site.

Products

Potland Series




ポットランドでは、はじめて栽培される方が、
より多く収穫の感動を体験して頂くために
育てやすい野菜やハーブの品種を厳選しています。

ABOUT PRODUCTS

製品について



ポットランドの品種について

ポットランドは、背丈が低く室内栽培に適した「プチトマト(レジナ)」と「黄金トマト(レジナイエロー)」、一般的なハーブの「スイートバジル」、背丈が低くひとくちサイズの小ぶりな茄子「ひとくち茄子(羽黒一口丸茄子)」、通常の枝豆よりも収穫時期が早い「おつまみ枝豆(早生枝豆)」、ワイルドストロベリーよりも一回り大きい「四季なりいちご」の6種類です。(2016)

種子の情報/Seed Information (※商品パッケージに記載)

品種名
発芽率
数量
原産国
有効期限
※有効期限=種子の発芽保証期間であり、消費期限等ではございません。




発芽不良について

 「たねが発芽しない」発芽不良の原因は、「温度」「乾燥」「ストレス」が考えられます。
 「温度」が原因の場合は、適温と大きく異なる高温や低温です。多少の温度差については、発芽日数が若干遅れる程度です。
 「乾燥」が原因の場合は、種まき後に種が乾燥すると発芽不良の原因となりますので、容器には十分に水を入れてください。
 「ストレス」が原因の場合は、種まき後に種を動かしたり、ポットランドを倒したりすると、種がストレスを感じ発芽しないことがあります。
尚、弊社では発芽不良時の発芽保証として「リベンジたね」の送付サービスを行っております。新しい種子をお送りさせて頂きますので、お気軽にお問い合わせください。

生育不良について

 「大きくならない・花がさかない・枯れる」生育不良の原因は、「日照不足」「水分不足」「肥料不足」「害虫・ウイルス」が考えられます。
 「日照不足」が原因の場合は、植物に直接日光が当たっていない可能性があります。できるだけ太陽の光が射す場所で育ててください。室内照明では光量が不十分の為、植物が光合成できずに枯れる原因となります。
 「水分不足」が原因の場合、通常は1週間に1度程度の水替えで十分ですが、真夏の暑い日や植物が大きくなると、水分の蒸発・吸収が多くなります。マメな水やりをお願い致します。
 「肥料不足」が原因の場合、葉全体が黄色くなります。肥料を少し多めに与えてください。葉先が内側に巻き込んでいる時は「肥料過多」の為、肥料を少なくしてみてください。
 「害虫・ウイルス」が原因の場合、害虫が葉の裏側にいることが多いので、植物の状態がいつもと違うと感じた時は、葉の裏を確かめてみましょう。対策方法は、お客様に状況をお聞きしたうえで、別途ご連絡させて頂きますので、お気軽にお問い合わせください。

 水と肥料のタイミングについて

 1週間に1度水を替えてください。根は酸素で呼吸していますので、なるべく新しい水で育ててください。
 真夏の暑い日や、植物が大きく生長すると、水の蒸発・吸収が多くなるので、枯れないようマメな水やりをお願い致します。

 藻・カビ・害虫について

 緑色の「藻」は、水中で光合成を繰り返し、自然発生します。根の酸欠の原因にもなりますので、藻が発生した場合は容器を良く洗うor交換をおすすめします。
 「カビ」はサンドの上に白い胞子を形成します。植物に対して大きな影響はございませんが、風通しの良い場所での栽培、マメな手入れで防止できます。気になる方は、サンドの交換orサンドの除去をおすすめします。
 「害虫」は、ほぼ「温室コナジラミ」「ハダニ」のどちらかと考えられます。どちらも、農薬が効かずプロの農家も嫌がる曲者の害虫です。対策としては、植物を牛乳につけたり、手で取り除く方法があります。万が一の場合は、お早目にご連絡ください。

CONTACT US


メールでのお問い合せ:

info@potland.jp


お電話でのお問い合せ:

03-4405-6276

営業時間:平日午前10:00~午後17:00


We Are Social


Copyright (C) 2016 POTLAND All rights reserved.